育毛シャンプーと普通のシャンプーの違い

育毛シャンプーと普通のシャンプーの違い

育毛シャンプーと普通のシャンプーはどう違うのか

 

スーパーなどで市販されている普通のシャンプーに関して言うと、地肌に優しいと謳っているシャンプーなども多くありますが、それらは基本的には、育毛によいというものではありません。

 

というのは、普通のシャンプーは、洗浄力を重視して石油系の成分を使用しており、髪と頭皮の汚れを落とすことを重視しています。

 

そのため、泡立ちが良いシャンプーなどは人気があるのです。でも、そのために刺激が強すぎるということがあり、髪と頭皮の健康には逆効果です。

 

もちろん、頭皮に対して刺激があるということがすべて悪いわけではなくて、頭皮にマッサージをして刺激を与えることもあります。

 

そのおかげで成分を浸透しやすくさせるという効果があるため、一般にマッサージは髪や頭皮のために良いのです。

 

ただ、普通のシャンプーの強すぎる刺激というのは、頭皮に対する「悪い」刺激となるため、避けるのが賢明です。

 

育毛シャンプーの場合は?

 

育毛シャンプーというのは、それだけで髪を生えさせる効果があるわけではなく、頭皮の環境を整えることで髪を育ちやすくするためのものです。

 

育毛シャンプーは、頭皮や髪に対して優しくできています。ですから、泡立ちを重視しているということはまずないでしょう。

 

そのため育毛シャンプーを使用しているほとんどの人は、普通のシャンプーよりも優しい使い心地を感じるようです。

 

そして育毛シャンプーの場合は、洗い流すことによって、不要な成分を残さないようにするという工夫がされています。

 

二つのシャンプーに共通するのは

 

シャンプーの基本的な機能は、頭皮や髪を洗ってきれいにすることですから、その点は共通しています。

 

ただ、頭皮や髪に対して優しい成分を使用するようにしているかいないかという違いがあります。

 

普通のシャンプーは泡立ちや洗い心地という表面的なところに力を入れていますが、育毛シャンプーはそこではなく、頭皮や髪を守ることを重視していると言えます。

 

次はこちらへどうぞ!
育毛シャンプーの効果