正しい髪のケアの方法

正しい髪のケアの方法

髪を健やかに保つには

 

ほとんどの人は、1日に1回、夜にシャンプーをすることが多いようですが、今日は汗をかいたなというような日には、二度洗いをお勧めします。

 

その方法ですが、まず少量のシャンプーをつけて水洗いをしてから、その次にシャンプーをするという流れになります。

 

1回目には、皮脂を洗い流す程度の洗い方で大丈夫です。そして2回目には、頭皮を揉むようにして洗うことが重要です。

 

フケが出やすいという人がたまにいますが、フケというのは、頭皮が油分を取り過ぎてしまい、乾燥して皮膚がはがれ落ちている状態です。

 

寝ている間に頭がかゆくて?いてしまって、頭皮が炎症してしまうという人もいます。

 

これは、シャンプーが髪に残ってしまっていることによって起こりやすい現象です。

 

あるいは、元々皮膚疾患ということもありますので、シャンプーの仕方を変えてもフケが直らない場合は、一度皮膚科を受診することをお勧めします。

 

ドライヤーの仕方も重要です

 

ドライヤーの使い方によって、髪を傷めてしまうこともあります。

 

髪を綺麗に保ちたいという思いがある場合は、マイナスイオンのドライヤーを使用するとよいでしょう。

 

この機能が付いているドライヤーは、髪の毛のキューティクルを整えてくれたり、静電気が発生することを抑えてくれるのです。

 

傷みやすい髪や、乾燥しやすい髪の人には、マイナスイオンの機能が付いたドライヤーを使用することが髪のためによいと言えるでしょう。

 

そしてドライヤーを使用する時には、10センチ以上は離すようにすることが大切です。

 

近づけ過ぎることにより、早く乾くように思うかもしれませんが、髪や頭皮を傷める原因になってしまいます。

 

熱風だけではなく送風も活用すると、より上手に乾かすことができます。

 

セット剤を使用する人は

 

固まるセット剤を使用している場合、シャンプーをしてもきちんと落とせていないというケースがあります。

 

その場合、次の日にはセット剤の上塗りのようなことになり、結果的に髪を傷めてしまうということがあります。

 

固まるセット剤を使用している人は、セット剤を落とすため、しっかりと揉み洗いをして、洗い流すようにすることが重要です。

 

次はこちらへどうぞ!
育毛剤と併用する