髪によい生活習慣

髪によい生活習慣

髪によい生活習慣をしよう

 

普段から生活習慣に気を付けていれば、それが髪に良い影響を与えるということもあるのです。たまには自分の生活習慣を見直してみるといいかもしれません。

 

まず、煙草やアルコールですが、髪にとってはどうなのでしょうか。

 

煙草は髪に良くないと言われています。煙草のニコチンが血管を収縮させて、全身の血流が悪くなるのです。そして頭皮付近の血流も悪くなり、大切な細胞に栄養が行かなくなります。

 

アルコールについては、血行促進をしてくれますので、大量でなければ飲んでも大丈夫です。でも飲み過ぎというのは良くないため注意しましょう。

 

加えて、適度な運動が行えていますか?運動を習慣づけることにより、血行を促して、ストレスを軽減させてくれますので、髪にとても良いのです。簡単なものでいいので、今日からでも始めましょう。

 

規則正しい睡眠が重要

 

自律神経を整えるためにも、規則正しい質の良い睡眠を取るようにしましょう。

 

特に夜10時から明け方2時の間には、副交感神経が優位になりますので、細胞から老廃物が出て行きます。そして栄養が入ってくるのです。

 

そのためその時間に寝ておかないと、髪にはもちろん悪影響ですし、自律神経が乱れてしまって、体の機能が衰えることになってしまうのです。

 

働いている人などは、どうしても寝る時間が遅くなりがちですが、髪の栄養のためにもできるだけ早く寝るようにしましょう。

 

規則正しい睡眠というものは、髪にとってとても良い影響を与えてくれるのです。

 

シャンプーは毎晩するべき?

 

本来シャンプーは、毎晩行うことがベストです。

 

朝よりも夜の方が髪に良いです。髪は毎晩寝ている間に成長をするので、夜寝る前には、その日の頭皮や髪の皮脂、汚れを落とした方が、髪にとって良いのです。

 

シャンプーを付ける前に、最初に髪を洗っておくといいでしょう。

 

そしてドライヤーをする時にはあまり髪に近づけすぎずに、少し離れた所からする方が、髪に対して優しいので、そのように習慣づけるといいですね。

 

次はこちらへどうぞ!
髪のメカニズム