ノンシリコンシャンプーとは

ノンシリコンシャンプーとは

ノンシリコンシャンプーについて

 

最近はノンシリコンという言葉を耳にすることが増えてきました。普通のシャンプーとどのように違うのかということに興味を持つ人も多くなっています。

 

ノンシリコンシャンプーというのは、その名前のとおりに、シリコンが入っていないシャンプーのことです。

 

シリコンというのは、シャンプーをした時に指通りを滑らかにするというような作用がある成分のことです。

 

使用感が良いということはあるかもしれませんが、髪に対しては負担をかけているということもあり、ノンシリコンが注目されることになったのです。

 

でもノンシリコンという名前がついていればどれでもよいというわけではありません。

 

シャンプーというのは、一般に、アミノ酸系、石油系、石鹸系に分かれます。

 

ノンシリコンでも石油系の合成界面活性剤を使用していれば、髪には負担が大きいと言えます。

 

その意味では、アミノ酸系のシャンプーを選ぶのがよいでしょう。

 

シリコンは育毛に対してどうなのか

 

育毛に関しては、シリコンを配合し、コーティングの作用があるものは、毛穴をふさいでしまうため、毛が生えてくる環境を頭皮に対してしっかりと作ってあげることができないと言われています。

 

そのような環境では、育毛という意味では逆効果ですので、現在ではノンシリコンシャンプーの育毛シャンプーの人気が高くなっているのです。

 

ノンシリコンの重要性

 

いくら手触りが良くて、滑らかになったとしても、抜け毛や薄毛の原因になってしまっては困ります。

 

そのため、「育毛」を謳っていない普通のシャンプーにおいても、ノンシリコンのものが増えてきています。

 

シャンプーやコンディショナーの中に配合されているシリコンが抜け毛の原因になるということが言える以上、育毛をしたいという人でしたら、ノンシリコンシャンプーを選んだ方が賢明と言えるでしょう。

 

ノンシリコンシャンプーを使用してみると、実際に今までのシリコンの作用にも気が付くことができるはずです。

 

そして、ノンシリコンシャンプーを使用することで、安心感を抱くことが出来るでしょう。

 

次はこちらへどうぞ!
石油系界面活性剤の危険性