ポイント3:有害な添加物を使用していないか

ポイント3:有害な添加物を使用していないか

一般的なシャンプーには、様々な添加物が含まれています。

 

代表的なものとしては、ラウリル硫酸ナトリウム、硫酸ナトリウムなどです。ラウリル硫酸ナトリウムは、洗浄剤の一種であり、泡立ちが良くなり、洗浄性に優れていますが、刺激があるため、かゆみを生じることがあります。

 

そして、ラウレス硫酸ナトリウムは、ラウリル硫酸ナトリウムの刺激を和らげるための成分で、ほとんどの一般のシャンプーに使用されているものです。

 

こういった添加物を使用することにより、シャンプーは泡立ちの良いものになるかもしれませんが、そのために肌に刺激があったり、かゆみがあるというようなことが起きるのです。

 

そうした添加物を使用することで、使用者がシャンプーに求めるもの(洗浄力や、髪がなめらかになることなど)を安価に満たすことができるので、メーカーとしてはこのような成分を使用します。

 

でも、このような成分には、マイナスの作用も大きいということが言えます。

 

育毛においては、特にこういった添加物は入っていないものを選びたいですね。

 

このような有害な成分を入れずに、シャンプーの基本的な機能を満たそうとすると、当然ながら費用が上がります。

 

ですから、有害な添加物を使用せず天然成分にこだわった育毛シャンプーは、かなり値段が高くなるわけです。

 

でも、どちらが髪と頭皮に良いかと言えば、一目瞭然です。

 

添加物が抜け毛を悪化させることも

 

アレルギーを起こすような気険な添加物を含んでいるシャンプーより、無添加のシャンプーのほうが、頭皮や地肌に優しいと言えます。

 

余計な成分を入れないようにして作られている育毛シャンプーを選ぶことが重要です。

 

せっかく育毛をしようとしているのですから、それを添加物によって邪魔されてしまうということがないように、不要な添加物が入っていない育毛シャンプーを選ぶ必要があるのです。

 

毎日使っていくシャンプーだからこそ

 

日々使っていくシャンプーですから、出来るだけ頭皮や髪に優しいものを使用したいですね。

 

特に抜け毛や薄毛に悩んでいる人においては、さらにそのことに気を付けることが重要です。

 

ダメージを与えてしまうようなシャンプーを選ぶことで、薄毛や抜け毛が悪化するということも考えられます。

 

そのため、日々安心して使うことができる育毛シャンプーを使用していくようにしましょう。そうすることで育毛効果もさらにアップすることになるのです。

 

次はこちらへどうぞ!
ポイント4:価格が適正か