育毛シャンプーの成分

育毛シャンプーの成分

どのような成分が入っているのか

 

育毛シャンプーには、色々な成分が入っています。

 

使用されている成分にはそれぞれ目的がありますが、それらを育毛の効果で分類すると、10に満たないような数に分類できます。

 

具体的に挙げると、血行促進、栄養補給、保湿、消炎、抗菌、抗脂漏、頭皮代謝促進、角質溶解、抗酸化、男性ホルモン抑制などです。

 

特定の育毛シャンプーの成分を考えるときは、これらの効果のうちのどれくらいをカバーしているかということが重要になってきます。

 

その点を一度チェックしてみるとよいでしょう。

 

そうすれば、その育毛シャンプーが育毛に必要な成分を満たしている優秀なシャンプーであるかということがわかるのです。

 

それぞれどのような作用があるのか

 

たとえば、血行促進には、センブリエキスやニンニクエキスなど、さまざまな天然成分が使われることが多いです。

 

栄養補給には、不足しがちなビタミンの補給や、頭皮細胞の活性化に役立つ成分が使用されます。

 

保湿という点では、乾燥しがちな頭皮の水分保持のため、こちらもさまざまな天然成分が使用されます。

 

消炎という点は、肌の炎症を抑え、かゆみを防ぎます。この目的では、代表的にはグリチルリチン酸2Kという成分が使用されます。

 

肝心な洗浄成分の違い

 

また、シャンプーとして必要なものに洗浄成分があります。頭皮の汚れを洗浄するというシャンプーの基本的な機能の部分です。

 

一般の(育毛シャンプーではない)市販のシャンプーでは、石油系の合成界面活性剤というものが使用されるケースがほとんどです。

 

でも、この成分は髪と頭皮に害を及ぼすので、育毛シャンプーでは洗浄成分としてアミノ酸系の成分が多く使用されます。

 

この点は、ぜひ確認するようにしましょう。

 

成分について無頓着な人は多いです

 

育毛シャンプーを使う際に、使用される成分についてここまで詳しくなるというのは、なかなか難しいかもしれません。

 

でも、これから自分が毎日使用する育毛シャンプーですから、できるだけどのような成分が入っているのか、そしてどのような効果があるのかを把握しておくというのはよいことです。

 

ぜひ、それを意識して選ぶことをお勧めします。

 

次はこちらへどうぞ!
育毛シャンプーの正しい使い方